MusicOfficeAZ葬儀用CDお試しBIGセール!

2019.11.20 Wednesday

JUGEMテーマ:音楽

 

葬儀BGM用の著作権フリー音源

 

 

お試しBIGキャンペーン

 

 

葬儀用BGMの著作権フリーCDを

 

一般向けCDの価格でお求めいただけます。

 

 

 

来週から、毎週1商品を対象に、

 

 

通常価格10000円〜12000円(税別)

 

のところ、

 

 

なんと、3000円(税別)

 

でお求めいただけます!

 

 

 

 

セール期間と対象商品は以下の通り。

 

 

11月25日〜12月1日

 

Key

 

 

12月2日〜12月8日

 

Fleur

 

 

12月9日〜12月15日

 

Ai

 

 

12月16日〜12月22日

 

Legacy

 

 

12月23日〜12月29日

 

10colors

 

 

お試し、買い足し、この機会に是非いかがでしょうか。

 

お問合せ、ご注文、お待ちしております。

 

 

 

ミュージックオフィスアズ

 

公式ネットショップはこちら 

 

 

 

 


CDの時代はいつまで続く?

2019.11.18 Monday

JUGEMテーマ:音楽

 

ミュージックオフィスアズで制作したCD

 

 

他にもたくさんあるのですが、これからは音楽をCDで買うばかりではなくなると考え、

 

人気の作品の再プレスをやめてダウンロード販売に移行したことがあります。

 

ところが、その後も、在庫があるのならCDを売ってほしいという問い合わせが続いています。

 

ダウンロード版は全曲買ってもCDの半額近いのに、

未だに、残り少なくなった在庫品ばかりが売れています。

 

そういえば、うちのCD、売れ方も時代の先端とはかけ離れているかもしれません。

 

ネットショップで商品を見たんですが、これください、と電話がかかってきて受注。

流れていた曲のタイトルと発売元をスタッフに聞いた、と弊社に電話。

ネットショップで注文用FAX用紙をダウンロードして、FAXで受注。

 

などなど。

 

ネットショップに不備があるわけではなく、購入ボタンをクリックすれば買えるのに、

商品画像も説明も見て、試聴もして、いざ購入となると電話やFAXなのです。

もちろんネット注文もあるのですが、全体の半分くらいです。

 

ダウンロード商品についてはお問い合わせの際、

製品版よりお安くお求めいただけますと説明しても、それはわかるが私はCDが良い、となります。

 

握手券もついてませんし、写真集になっているわけでもありません。

でも、うちのお得意様はみなさん、ダウンロードではなくCDが良いと言います。

届いたCDをプレーヤーに入れてすぐ聴けるのが良いとか、

モノがないと不安だからとか、そういう思いは私の世代には根強く、

もう少し上の世代はネットショップにも不慣れで、

 

割安なダウンロード版はついに弊社の売り上げにほとんど貢献ないまま、

こんどは出品していたダウンロードサイトが閉鎖になってしまいました。

 

ダウンロード版を再販するため、現在、別サイトで準備を進めています。

 

同時に、製品版もセールを検討中です。

アズのCDをまだ知らない多くの方に聴いてもらいたいという気持ちをこめて、

価格の高い葬儀BGM専用CDを、年末にかけて期間限定で値引き販売する予定です。

 

詳しくは近日中に告知します。

 

 

 

 

 


絶対音感あります。

2019.11.16 Saturday

「今日の救急車の音は高いなぁ。」

 

救急車のサイレンの音はピーポーピーポーと表現されますが、

私の場合はいつも音名で聞こえます。

そのときによってサイレンの音の高さの違いがあるんです。

シ♭ーソ♭ーシ♭ーソ♭ー

シーソーシーソー

ドーラードーラー

だいたいこのような音の範囲。

シとドの間の音だ!という場合もあります。

 

私には絶対音感があります。

 

絶対音感とは、他の音と比べなくても聴いた音の音名を即座に言える能力。

絶対音感を身につける臨界期は、一般的に3歳から6歳までとされています。

 

絶対音感は音楽をやっていく上ではとても便利な能力です。

音を聴いて即座に楽譜を作ったり、チューナーがなくてもピッチが合わせられたり。

 

日常においては辛いことのほうが多いかもしれません。

カラオケでは原曲のキーでしか歌えない。(キーが違うと全く別の曲に聴こえるため)

癒しのピアノ曲が癒しにならない。(全部ドレミで聴こえるので疲れてしまう)

 

音に溢れた日常は、絶対音感保持者の頭の中をあっという間に音符だらけにしてしまいます。

必要がないときは音楽を聴きません。

一人でいるときはテレビも見ません。

もちろんラジオも聞きません。

 

一番の癒しは無音の世界なのです。

 

 


10月リクエストランキング

2019.11.09 Saturday

JUGEMテーマ:音楽

 

不定期発表すみません。

 

10月リクエストランキングです。

 

葬儀生演奏、施設慰問、歌声教室など、昭和の名曲が中心のお仕事なので

上位曲はあまり動きがありませんが・・・

 

 

第1位

 

「川の流れのように」

美空ひばり

 

歌うのも、聴くのも、BGM演奏も、定番中の定番です。

1曲だけという時は票が割れるのですが、

複数のリクエストがあると、その中にこの曲が含まれていることが多いです。

 

第2位

 

「千の風になって」

秋川雅史

 

これは実は賛否両論なのです。

仏式のお葬儀でこの曲がリクエストされているときは

お寺に確認ですね。

そこに私はいませんと言われたら、お墓って何だという・・・

 

第3位

 

「愛燦燦」

美空ひばり

 

「いい日旅立ち」

山口百恵

 

「さくら」

森山直太朗

 

「見上げてごらん夜の星を」

坂本九

 

全部、ザ・定番。

どうして10月なのに「さくら」?と思った方は、

歌詞を調べてみてください。

 

第7位

 

「涙そうそう」

夏川りみ

 

「秋桜」

山口百恵

 

「さざんかの宿」

大川栄策

 

 

何の意外性もなく、まあ、そうなるよねというランキング。

この下も、演歌、昭和歌謡の名曲が勢揃いです。

 

タイトルだけ見れば新鮮味はないのですが、

演奏はその場の雰囲気や式の流れに合わせていつも違うんです。

 

歌うためにはテンポやメロディーをわかりやすく

ナレーションのバックにはシンプルな伴奏で少し控えめに

出棺などでは豪華に、厳かに、など。

 

楽譜通りに弾くだけではないところが、

プレーヤーの難しさであり、醍醐味でもあるわけです。

 

こういう曲を聴きたい人

こういう曲を演奏したい人

こういう曲で仕事したい人

ミュージックオフィスアズにお任せくださいませ。

 

弾きたい人、大募集中です♪

 

 

 

 

 


自然災害の怖さを思い知りました

2019.10.14 Monday

 

今日は大自然の怖さを改めて思い知る一日となりました。

 

知人、友人、親戚の安否確認のために外出し、そこで見た街の様子に愕然となるも、

家族全員が無事でいられたことに改めて感謝しました。

 

秋山川は、テレビで報じていた場所以外にも決壊箇所があったようです。

また、周囲のほとんどの河川で氾濫が起きていて、

テレビではほとんど報じられていませんが、

佐野市内の低地はほとんど浸水しました。

 

水がひいた今も残った泥が街を覆っています。

放置された車両や建物の壁に、泥流の跡が残っていて、

私がそこにいたら身を守る行動が起こせただろうかと不安になりました。

 

道路は土砂が積もり、橋が寸断され、完全復旧はまだまだ先です。

通行止めも各所でまだ続いています。

 

弊社にお越しの際は周辺の交通状況のご確認をお願いします。

ご不明の点はご連絡くださいませ。

 


秋山川 だけじゃなかった!

2019.10.13 Sunday

台風19号の爪痕生々しい佐野市。

 

メールをくださった方、電話をくださった方、ありがとうございました。

ご心配おかけいたしましたが、事務所は無事です。

 

しかしながら・・・。

 

事務所周辺は幸いにも浸水被害はなく、一旦は安堵しましたが、

外に出ると、街の様子は一変しておりました。

 

市外の方には秋山川氾濫のニュースで佐野市の惨状が伝えられていますが、

実際にはその支流、さらに隣の河川も氾濫し、低地はすべて水没しました。

 

情報が整理出来ていませんが、

弊社スタッフからも「車ごと流されて数時間後にボートで救助された」との報告を受けております。

 

台風接近の12日、社長は朝から西那須野まで演奏に出かけていました。

帰りの高速は宇都宮を過ぎて通行止めとなり、今にも溢れそうな秋山川を横目に

見ながら国道293号を帰ってきたのが夕方。

その後、豪雨と河川の氾濫で通ってきた道も水没し、いまも通行止めです。

 

あと少し帰りが遅かったら社長は事務所に戻れなかったかもしれません。

ひょっとしたら・・・

 

明日になったら新たな情報があるかもしれません。

良い知らせ、悪い知らせ、どちらもあると思いますが、整理でき次第また報告いたします。

 

佐野市に限らず、台風19号の被害は、報道されているのはほんの一部。

きっと、これまでの災害報道も、伝え聞く情報と現地の惨状は違うのだと、

地元が災害に見舞われて思い知りました。

 

被害にあわれた方が一刻も早く元の生活を取り戻せることを願って已みません。

 

 


エンディング産業展2019

2019.08.25 Sunday

ご来場いただきました方、ありがとうございました。

 

ご都合つかなかった方のために、今月中だけちょっとCDの割引セールしてますので、

 

CDご検討の方は「ブログ見た」とお電話いただければ、普段より安く買えますよ。

 

 

ところで、弊社ブース、ちょっと見つけにくかったみたいで・・・

 

小さいブースは端っこに集められていたので、目立たなかったかもしれません。

 

でも実は、来場者は全員、うちの曲を聴いているんです。

 

受付BGMはAZ
 

というわけで、聞き覚えのあるBGMやこの看板に気付いて私を探してくださった方もいらっしゃいます。

 

一方で、受付の音楽にもこの看板にも気付かなかった方もいます。

 

受付では色々と話を聞かなくてはなりませんし、受付が済めば目当てのブースを探してマップを見ていたりしますので、

 

全員が気付くとは思っていませんが、全員の耳にミュージックオフィスアズの音楽を届けさせていただきました♪

 

 


エンディング産業展 明日は搬入日!

2019.08.19 Monday

 

エンディング産業展2019の搬入日がいよいよ明日(というか、今日?)となりました。

 

準備したものを確認して、車に積み込んで・・・

とスムーズに進むはずでしたが、確認するたびに、

 

「ここはこの方がいいよね?」

「こういうのもあったらいいんじゃない?」

 

などと、何か見るたびに何か思いつき、

いつまでたっても何か作っています。

 

好きなんで、いいんですけど、

こういうことを従業員にやらせたら

ブラック?ですよね?

 

連日の猛暑もあって、夜明け前に資材を積み込み、

出発準備を済ませたいのですが、いつになるやら・・・。

 

ひとつ確認しては、ひとつ思いつき、

いくらやっても、まだ足りない、の繰り返しです。

 

 


エンディング産業展に今年も出展! MusicOfficeAZブースへGO!

2019.08.18 Sunday

 

ミュージックオフィスアズは今年もエンディング産業展にブースを出します!

 

 

エンディング産業展

 

生演奏の会社ですが、

弊社の音楽を全国にお届けするため、

葬儀専用のCDを毎年販売しています。

 

実はアズには葬儀専用じゃないCDもあり、

良い曲が沢山ありますので、

今年はそれも会場でご紹介いたします。

 

もちろんすべて会場限定の特価でお求めいただけますので、

お越しの際は是非お立ち寄りくださいませ。

試聴機あります♪

 

ほかに、今年は本も出します!

 

弊社初の書籍。

 

「葬儀社のためのBGM戦略」

 

葬儀のBGMで仕事をしている会社が、BGMについて書いてしまいました。

選曲の意図から生演奏の極意まで、長年の経験から得た様々な知見が

記されています。

 

同じことが出来れば、AZのコピーが出来ると言ってもいい、良い本が出来ましたよ。

ぜひお手に取ってご覧ください。

 

生演奏についてのご相談もお気軽に。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

JUGEMテーマ:音楽

 


静かな音楽事務所

2019.06.20 Thursday

JUGEMテーマ:音楽

 

 

今日は社長とほとんど会話をしていません。

 

ここ数日、ヘッドフォンをしたまま、制作活動。

 

昔は楽譜を作って演奏して、練習して収録してやっと『聴けるもの』になりましたが、

いまは聴くだけなら『打ち込み』という手があるおかげで

作った曲は演奏者に渡す前に確認できてしまいます。

 

ヘッドフォンを外した社長が、

 

『ちょっとこれ聴いてみて』

 

私は楽譜が読めず、いい曲が出来たといわれても

音になっていないと評価できないので大変助かります。

 

ボタン一つで簡単に、と思われてしまうと泣けてくるほど

装置の使いこなしには熟練が必要です。一つ入力しては修正し、

また入力し訂正して、一つのパートが終わったら

また最初に戻って別の楽器のパートを入力。

 

こうして時間と手間を費やし完成すると、

社長しかいないのに、ギター、ベース、ドラム、キーボード・・・

小さな事務所の中に小さなバンドが登場します。

 

ヘッドフォンを外した状態で作業していると、

バンド仲間が集まって練習しているような音が聴こえてきます。

 

そして、

制作中の曲を評価、研究のために多くの人に聴いてもらったり、

各パートの奏者に、演奏パートだけ抜いた音源を練習用に渡したり

このまま仕上げてCD化したりと、様々なところに届けられます。

 

 



PROFILE



総記事数:51
最終更新:2019/11/20

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

CD

NEW ENTRY

NEW COMMENT

CATEGORY

ARCHIVES

LINK

SEARCH

MOBLIE

qrcode

OTHER

PR


無料ブログ作成サービス JUGEM