スポンサーサイト

2020.03.10 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2020.03.10 Tuesday
  • -
  • -
  • -

  • Posted by スポンサードリンク
  • -
  • -

閉店BGMは『蛍の光』ではない。。。

2020.02.13 Thursday

 

閉店BGMとして広く知られている曲といえば、

「蛍の光」と答える人が多いと思います。

 

私も最近までそう思っていたのですが、

実はこの曲は「蛍の光」ではなく、 「別れのワルツ」という別の曲です。

 

閉店時間が遅くなったり、24時間営業の店舗が増えたので、 聴く機会も減ってきましたが、

この曲が流れてきたら、よく聞いてみてください。

 

卒業式でよく歌われた「蛍の光」は4分の4拍子

閉店BGMの定番「別れのワルツ」は4分の3拍子

であることがわかると思います。

 

両方思い出せる人は、そういえばそうだと気付くかもしれません。

よく似ているのですが、それはこの2曲が、

どちらも同じ曲をもとにアレンジされたものだからです。

 

原曲はスコットランド民謡の「Auld Lang Syne」(オールド・ラング・サイン)

これに日本語の歌詞をつけたものが「蛍の光」で、 

アメリカでワルツにアレンジされたのが「別れのワルツ」です。

こちらは1940年のアメリカ映画『哀愁』の中で用いられました。

 

同じ曲のアレンジと考えれば、別の曲とまでは言えないのかもしれませんが、

それでも、閉店BGMは「蛍の光」ではないのです。

 

ちなみに「Auid Lang Syne」は日本語では

「久しき昔」と訳されるそうです。

 

JUGEMテーマ:音楽

 

 


スポンサーサイト

2020.03.10 Tuesday
  • 2020.03.10 Tuesday
  • -
  • 01:16
  • -
  • -

  • Posted by スポンサードリンク
  • -
  • -

コメント
コメントする








   

PROFILE



総記事数:71
最終更新:2020/03/10

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

CD

NEW ENTRY

NEW COMMENT

CATEGORY

ARCHIVES

LINK

SEARCH

MOBLIE

qrcode

OTHER

PR


無料ブログ作成サービス JUGEM