「さくら」という歌

2019.04.08 Monday

 

 

JUGEMテーマ:音楽

 

 

さくらと名の付く歌を良く聴く季節になりました。

 

移動のクルマでラジオを良く聴くのですが、

流れる音楽のうち毎日数曲はタイトルにさくらが付きます。

 

どの歌でも桜はこの季節の象徴として用いられ、

桜のある情景やこの時期の様々な心模様を描いています。

 

別れと出会い。終わりと始まり。旅立つ人と見送る人など、

日本人は「さくら」という言葉に様々な思いを込めて歌を作っています。

 

たくさんあるのは間違いありませんが、あるテレビ番組で調査したところ、

曲のタイトルで一番多いのは「ひまわり」で、「さくら」は二番目なのだそうです。

私はさくらがダントツと思っていたのでこの結果は意外でした。

調査対象は1986年から2016年の邦楽で約34万曲。

このうち、ひまわりは73曲、さくらは60曲だったそうです。

ちなみに3位は「ありがとう」で、59曲。

 

タイトル数はひまわりが1位ですが、この結果を意外と感じたのは

2位と3位はヒット曲が多いからも知れませんね。

 

また『ひまわりの約束』や『桜坂』という曲はカウントしていないので、

ひまわり○○や、さくら○○も数えたら順位はどうなったのでしょうね。

 

興味は尽きませんが、どうやって調べればいいのでしょう・・・。

 

 

 

 


スポンサーサイト

2019.11.21 Thursday
  • 2019.11.21 Thursday
  • -
  • 15:51
  • -
  • -

  • Posted by スポンサードリンク
  • -
  • -

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

PROFILE



総記事数:51
最終更新:2019/11/20

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

CD

NEW ENTRY

NEW COMMENT

CATEGORY

ARCHIVES

LINK

SEARCH

MOBLIE

qrcode

OTHER

PR


無料ブログ作成サービス JUGEM